So-net無料ブログ作成

うだうだ日記-大レースの売上が伸びないのは…(2016/03/13) [うだうだ]

※次回更新は3/17と書きながら…

 今日は休みも引きこもり、ひたすら競輪、囲碁(世界トップ棋士VSコンピュータの対局があった)をネット中継で見て、競馬はダイジェスト映像で確認していました。見たいもの全てを見ることができる…便利な世の中になったものです。
(時間が、いくらあっても足りませんね…)

 競輪。今日まで行われていたダービーは村上義弘(京都、73期)の優勝でしたが、後半3日の売上はこんな感じでした。

20160313_1.png
 16.43(-2.8%)、16.37(-4.4%)、17.09(+0.8%)、17.61(-1.2%)、24.32(-2.8%)、35.54(-1.2%)の127.39億(-1.9%)

 前年比+の日も1回だけありましたが、微減が最後まで続いて…という感じでした。開催を絞りに絞っても1日あたり21億しか売れなくなった訳で、ここまで落ちたかという思いです。
 しかしどうして大レースの売上が伸びないのか…G1でなければ見られない対戦がないというのは今に始まったことではないですし、レース内容も今節は1予が単調でしたがそれがすぐに影響するとも思えません。準決勝、決勝も特に買いにくい組み合わせには思えず…。

 ナイターやミッドナイト競輪が好調なだけに…いやこのあたりの数字が伸びている分が削られているだけなのかもしれません。
 (特に平日の負け戦は買わず、その分でナイターやミッドナイトを買った方がと…)

 ダービー決勝は、近畿が2周強のスパートに出ると三谷竜生(奈良、101期)を川村晃司(京都、85期)が竹内雄作(岐阜、99期)を合わせるべく最終Hから出る展開に。新田祐大(福島、90期)に絶好でしたがまくりたい2角で車を内にさす大きなロス、仕掛けられそうだった後位の岩津裕介(岡山、87期)もアクションを起こさなかったことで近畿が頑張れる形になりました。村上は新田祐を止められたのは当然でも岩津にすくわれて出られ気味になりながら直線で力を残していたのはさすがでしたね。
 (深谷知広(愛知、96期)は逆に、不発の竹内の外に車をさすロス大きく。自力ゆえ仕方ないが先行の番手以外では器用さが…)

 中部の近畿に対する警戒が甘かったという結果でしょうが、新田祐大(福島、90期)が強いところを見せて勝ち上がっていたから実戦の展開となったのでしょう。
 大レースは、地味に勝ち上がった方が良いですね。


 それでは失礼いたします…。

20160313_2.jpg

 これ自体が本屋では(近くの本(他ギャンブル関係、囲碁将棋、スポーツ)を見る方の)広告として機能するだけに、競輪もこのあたりのことをもう少し考えても良いような。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。