So-net無料ブログ作成

うだうだ日記-競輪明るくない決着2016期年後期版…(2017/01/02) [うだうだ]

※個人の調査につき…ですが、私よりできる方と精査を重ねて出した結論でおそらくは…
(twitterでは数字が微妙に違っており訂正して作成しています。大変申し訳ありませんでした)
※転載厳禁!悪用はしないでください。
※プロは与えられた条件の中でいかに最善を尽くすかと思います。それが12/28松阪F2チャレンジ開催に出ています。


あまり文字にして書きたくはないです。このような状況での各選手の渾身の走りを、立場を分かった上で確認していただけると幸いです。

(毎期最低30名が成績で代謝となります(3期の得点平均小数点以下2桁まで。以下切り捨てで30位の同点は皆アウト))

20170102_1.png

最終開催まで12/28レース前の状況。
松阪4Rで勝負駆けの選手が全員ぶち込まれ…。

2016/12/28松阪4R

勝ち上がるしかない選手が残り、残る2人は負け戦に。

2016/12/28川崎2R

川崎で逆転を狙った大ベテランは好番組に入るも新人のスピードに対応できず…力尽きました。

20170102_2.png

2日目。やはり2Rで対象選手が同乗し、

2016/12/29松阪2R

石川87期の6番手まくり一発。香川73期は後輩が先行も3着まで。代謝確定87期の同期アシストが…3番手先まくりを打たず、かつ直線で香川73期を捕えて着を落としました。

そして注目の準決勝。決勝に残らないと厳しい感じでしたが…。

2016/12/29松阪4R

同県後輩がうまくリードし直線で抜け出してのワンツー2着。

20170102_3.png

勝負は最終日まで持ち込まれました。
チャレンジ最終日のレースは3種、競走得点の配分は以下の通りで、各選手の着順と3期平均はこのようになるところでした。

20170102_4.png

20170102_6.png

いつもですが最終開催になると各選手点数を大幅に上げてきます。安全圏にいると思われた大阪85期の立場も危うくなっていたのです。

2016/12/30松阪2R

香川73期は3着…先行3番手も前を抜けず、後方にまくられて。2着は大阪85期の同県同期、近況不振も懸命の踏み込みで…これがなければ…だったかもしれません。

20170102_5.png

石川87期は3着以上で確定、4着で結果待ち、5着以下は実質ダメという条件での出走でした。

2016/12/30松阪3R

3着。後方もラストのまくり追い込みにかけギリギリ届きました。

20170102_7.png

そして最後の決勝は…4着以上で確定、5着はアウト。

2016/12/30松阪5R

4着。決勝レベルでは脚的に苦しかったですが、後輩2人の献身的な走りで…。

20170102_8.png

20170102_9.png

それでは失礼いたします…。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。