So-net無料ブログ作成
検索選択
うだうだ ブログトップ
前の10件 | -

競輪-明るくない話…2017年前期3.15終了時の状況(2017/03/15) [うだうだ]

転載等厳禁!個人の調査につきミスがある可能性も十分です

 明るくない何とかです。2017年前期も中盤戦真っただ中、今日3/15はちょうどチャレ・ガ開催の最終日しかなく、一覧を載せるに良い日ということで…

 まずはチャレ3期目…3期目の定義は、前2期とも平均競走得点が70点未満であることです。平均競走得点は小数第3位を切り捨てて、小数第2位までの点数をその期の点数とします。
 前2期の点数と3期目の点数を足して3で割った点数(これまた小数第3位を切り捨てます)を下から並べて、30番目までの選手が残念ながら…となります。
 (下から30番が同点の場合は、全員アウトです。また、3期目に70点以上取ってもそれだけではセーフになりませんが、下から30人に引っ掛からなければ来期の3期目の定義にかからないため(前2期とも平均競走得点が70点未満にならない)、リセットとなります)

 ちなみに今期は3期目、109人いてますが…

20170315_1.png

 このあたりは安全圏というか、リセットないし昇班を狙える位置です。最低出走回数の22(チャレの場合、ガールズは23)を満たしている選手もいますね。

20170315_2.png

 追込型はコンスタントに予選突破し最終日選抜を走ることが必要、自力は初日どうしても強力若手をぶつけられるのがきついですが、2日目で1着して最終日時折一発、それができればこの位置。
 例えば466で69点、612で71点です。

20170315_3.png

20170315_4.png

 ボーダーは67点台前半、このあたりの選手は点数にシビアに走るので、予選負けたら帰ったり、故意失格したり…何でもありです。
 (失格しても代謝の評価の点数には影響しない)

 期が終わって22走に満たない選手は、足りない分を2日目一般7着より1点低い59点で計算して点数を算出します。現時点で出走回数のない選手はとりあえず59を入れて計算しました。

 では、ガールズの方に…

20170315_5.png

 上が3期目、下が2期目ですがガールズの代謝制度は…機能してないですね。引っ掛かる選手はもちろん、掛からない選手もほとんど車券に絡まない存在多く…車券に絡む意図をもっていないと感じる選手が多過ぎます。絡んでも、内々走っていたら前が全部突っ張ってくれて流れ込みとか、そんなんばかり。
 あと、点数以前に出走するのも…という選手が少なくないです。タカハシチアキは静かに登録を抹消していました…。
 いつも思うのが、5~7着の点数と賞金を一律にして、4着でもほとんど変わらなくし、車券に絡まないと稼げない制度に…あとある程度レベルを接近させて…ですが、制度面をどうこうする感じは全く見られません。

 個人的には今のガールズ、まったくもって面白くないです…これこないだ見たぞってレースばかり。

 ここに載っている名前で評価できるのは、小林優香は別にして山口優衣です。この子は実力に比して動き過ぎると感じるくらいですが、何とかしようというのが伝わってきて好感が持てます。ただ、今のガールズはこのような選手の失敗に乗じてというのばかりで…うーん。

 3/15時点の明るくない状況を書きました。これ以降の更新はtwitterにて、モザ入れてやる予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-お馬さんフェブラリーS、間違えて当たらないかなあ…(2017/02/19) [うだうだ]

 フェブラリーSのダメ予想を…今年初めての中央競馬運試しです。

◎アスカノロマン 〇モーニン

20170218_1.png

20170218_3.png

20170218_2.png

 基本的に調教で判断する人です。ケイコ良いのはコパノリッキーとモーニンと思いました。馬の力量と直線の長さで後ろから行く存在が人気していますが、前がかなり頑張って届かないような気がします。道中ちょうどいい位置にいそうな2頭の1点勝負です。アスカノロマン、昨年は仕掛け次第でもっと際どかったでしょうし、力のいる左回り1600~1800が一番合っている馬です。
 ゴールドドリーム単勝が2ケタ(それも上のくらいが2になって)で初めて狙うかを検討する馬と思いますし、カフジテイクも1400なら切れるがマイル武蔵野Sは150で止まり、1800のチャンピオンズSもためにためて最後は…ここからというところで伸びを欠くイメージ。サウンドトゥルーは仕上げが本気に感じませんした。これはG1馬ゆえ出させられているレースと判断。

 オッズがそこまでないので蹴りましたが、今回のコパノリッキーは良いと思いますよ。こちらはサウンドと違い条件ベスト、他は捨て仕上げでここに向けてきていますから。

 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-競輪明るくない決着2016期年後期版…(2017/01/02) [うだうだ]

※個人の調査につき…ですが、私よりできる方と精査を重ねて出した結論でおそらくは…
(twitterでは数字が微妙に違っており訂正して作成しています。大変申し訳ありませんでした)
※転載厳禁!悪用はしないでください。
※プロは与えられた条件の中でいかに最善を尽くすかと思います。それが12/28松阪F2チャレンジ開催に出ています。


あまり文字にして書きたくはないです。このような状況での各選手の渾身の走りを、立場を分かった上で確認していただけると幸いです。

(毎期最低30名が成績で代謝となります(3期の得点平均小数点以下2桁まで。以下切り捨てで30位の同点は皆アウト))

20170102_1.png

最終開催まで12/28レース前の状況。
松阪4Rで勝負駆けの選手が全員ぶち込まれ…。

2016/12/28松阪4R

勝ち上がるしかない選手が残り、残る2人は負け戦に。

2016/12/28川崎2R

川崎で逆転を狙った大ベテランは好番組に入るも新人のスピードに対応できず…力尽きました。

20170102_2.png

2日目。やはり2Rで対象選手が同乗し、

2016/12/29松阪2R

石川87期の6番手まくり一発。香川73期は後輩が先行も3着まで。代謝確定87期の同期アシストが…3番手先まくりを打たず、かつ直線で香川73期を捕えて着を落としました。

そして注目の準決勝。決勝に残らないと厳しい感じでしたが…。

2016/12/29松阪4R

同県後輩がうまくリードし直線で抜け出してのワンツー2着。

20170102_3.png

勝負は最終日まで持ち込まれました。
チャレンジ最終日のレースは3種、競走得点の配分は以下の通りで、各選手の着順と3期平均はこのようになるところでした。

20170102_4.png

20170102_6.png

いつもですが最終開催になると各選手点数を大幅に上げてきます。安全圏にいると思われた大阪85期の立場も危うくなっていたのです。

2016/12/30松阪2R

香川73期は3着…先行3番手も前を抜けず、後方にまくられて。2着は大阪85期の同県同期、近況不振も懸命の踏み込みで…これがなければ…だったかもしれません。

20170102_5.png

石川87期は3着以上で確定、4着で結果待ち、5着以下は実質ダメという条件での出走でした。

2016/12/30松阪3R

3着。後方もラストのまくり追い込みにかけギリギリ届きました。

20170102_7.png

そして最後の決勝は…4着以上で確定、5着はアウト。

2016/12/30松阪5R

4着。決勝レベルでは脚的に苦しかったですが、後輩2人の献身的な走りで…。

20170102_8.png

20170102_9.png

それでは失礼いたします…。

うだうだ日記-有馬記念ダメ予想、ヘボはこれで散ることにしました(2016/12/24) [うだうだ]

 最近は競馬の予想もtwitterで済ませること多いですが、有馬記念くらいはうだうだと…こんな感じで散ることにしました。

 ◎デニムアンドルビー 〇アドマイヤデウス ▲サトノダイヤモンド
 △シュヴァルグラン △サウンズオブアース △キタサンブラック

 G1の予想は調教の動きを重視します(売上要因の不人気馬と、気配落ちの人気馬を蹴る意味で。残った馬で実力とオッズのバランスをみて買う感じ)。しかし残念ながら関西馬の調教映像は濃霧のためほとんど参考になりませんでした。

 1,2秒の動きを見て…デニムアンドルビーに本命を。1年5カ月の長欠明け2戦目、映像を見るまでは全く狙う気なかった馬ですが、軽快に坂路を駆け上がっており…前走金鯱賞の映像を見ることにしたと。
 後方内目から手応えよく直線伸びかかるも詰まったところでやめて…悪くない内容でした。何より走る意欲があったのが良く、ケイコの動きも前向き、馬体も同じ牝馬のマリアライト、ミッキークイーンに比べて上に見えますし、可能性はあると判断しました。
 まあ、使いたかったレースを使えずの叩き2戦目で、ケイコ量足りず2500が…も当然あるでしょう。そのときは諦めます。

 対抗は◎の動きさえ見なければ本命を打っていたアドマイヤデウスです。これまでで一番強いレースを見せたのが昨年の日経賞で同条件、サウンズオブアースとは勝ったり負けたりの関係ですし、単勝50倍台のオッズなら買いです。ただ数秒だけ確認できた映像では、普通のデキかなあという印象は正直持ちました。

 サトノダイヤモンドが強いと思います。春はスケールの大きさ見せるも馬が明らかに成長途上、手応えほど伸びないのも納得でした。菊花賞では追ってしっかりの快勝。こうなれば古馬相手にも通用でしょう。

 キタサンブラックも数秒のケイコしか映像で確認できませんでしたが、何となく気配落ちの印象を持ちました。まあこれはJCで仕上がり切っていたので下しかないという先入観もありまして…ただ1人気で厚く買う状態ではないと思います。

20161224_1.jpg

 ◎、〇の単勝と、

 11から◎、〇を絡めた3連単と3連複、◎、〇から各印への馬連を中心に買いました。

 展開は、マルターズアポジーが逃げるでしょう。ケイコの動きは上がり馬らしい勢い見せたが走りっぷりから距離が長そうで、中山で一発狙うとなるとコーナーで流す感じになりそう。ただそれだと極端な瞬発力勝負は避けたいキタサンブラックが動くでしょうし、またサトノダイヤモンドを走りやすくするためにサトノノブレスに早目の仕掛けを…もあるでしょうから、勝ち時計は速くなくとも差し馬が台頭する競馬かなあとみています。

 だから、サトノダイヤモンドからチャンス待ちに徹するサウンズオブアース、シュヴァルグラン絡みが普通に考えるとおススメですね。私は穴党なので欲張りました。

 個人的に、明日25日がバクチの打ち納めです(仕事たんまり)。
 終わり良ければ総て良し、間違って当たらないかなあ…。

 それでは失礼いたします…。

うだうだ日記-東京競馬場行ってきた&競輪売上酷かった…(2016/11/27) [うだうだ]

 超久しぶりの更新です。今日は東京競馬場に行ってきました。

20161227_2.jpg

 1年半ぶりの競馬場…いや現場自体3月以来行っておらず実に久しぶりに生のレースを見ましたが、良いですね。調子の方も珍しく悪くなく、安いのばかりでしたが

20161227_3.jpg
 1R 馬連の2-11は2,360円


20161227_4.jpg
 8R 単勝11番670円、馬連8-11は1,440円、3連複7-8-11は950円


20161227_5.jpg
 9R 馬連5-7は270円(笑)


 気持ちの余裕を持ってジャパンCに臨むことができました。

 キタサンブラック、強かったですね。パドックから際立っており順当勝ちだったと思います(540近くあってあれだけバランスよく、スッキリ見せては)。2着も好気配に見えたサウンズオブアースで、ここに向けてキッチリ仕上げた2頭で決まった印象でした。

 ヘボはいろいろと買いましたが基本は◎イラプト、〇サウンズオブアースという感じで…

20161227_6.jpg

 イラプトは早々に脱落しましたがサウンズが頑張ってくれて

20161227_7.jpg
 馬連1-12は2,550円

 トリガミながらも的中となったのでした。1日打った結果はJCのトリガミ分負けたといった感じですが、珍しく満足して競馬場を後にすることができました。

 有馬記念もキタサン中心でしょうね。ゴールドアクターは復調途上の感で流れ込みに徹したようですが、どこまで戻せますかねえ…今のところ穴馬は思い当たりません。


 次…競輪は競輪祭が最終日で、平原康多(埼玉、87期)が優勝しました。組み合わせがよく、自在の戦いに徹していれば展開が…実戦もそうなり、ちょうど良い順番で仕掛けて抜け出すことができたと。
 新山響平(青森、107期)は仕掛け遅く…まだこのメンバーでは家賃がという印象でした。もっともその組み立てだから決勝に残ったともいえるのですが…深谷知広(愛知、96期)は逃げに活路も距離が長く、現状の脚では力だけの競走ではもちませんでした。 近藤隆司(千葉、90期)が見せ場も遠く…まくった勢いは良かったがライン3車いた平原との差がでましたね。

 決勝含め今開催は面白いレース、多かったですが問題は売上…

20161227_1.png

 初日14.24億(前年比-13.0%)、2日目16.21億(-6.6%)、3日目20.46億(-17.6%)、最終日30.63億(-5.8%)で81.56億(-12.4%)でした…。80割れは免れましたが、それにしてもひどい数字に終わりました。

 原因は…個人的にはナイター、ミッドナイト競輪を増やしたことでデーレースがなくなり、各競輪場を利用していた客が減った結果、各場外の合計売上になる大レース・記念の売り上げが減っている、またナイター、ミッドナイト競輪の売上の上昇が、既存客からのものであり、その既存客の予算が変わらないことから大レース・記念の売上が削られる(特に負け戦が売れない)と考えていますが、実際はどうなんですかねえ?

 まあ、私の地元松戸競輪場も、今年からバックスタンドを閉鎖しまして…管理と客の減少からでしょうが、それを見てさらに客がという悪循環になる訳で、売上を戻そうにもやっていることが…ですハイ。


 いやホント、明るくないですね…競輪。


 それでは失礼いたします…。

うだうだ日記-2016年前期明るくない…隠れ3期目の存在(2016/07/22) [うだうだ]

※データが正しいとは限りません。あくまで個人の調査です…

 昨日の登録抹消をもって2016年前期の…がすべて引退となったようです。

20160722_1.png
 (この選手、かなり早い段階で7月のあっせんを辞退していました…普通は残しておくのでボーダーの上でも引退の予定だったか)

 生き残った選手の中でも「たぶん終わりました」なんてコメントもあった2016年前期ですが、なぜそのようなことになったかというと…。

twip0715_1.png

 赤い線より上の選手が2016年後期も走っています。つまり、2016年前期に出走した3期目の選手の中でアウトになったのは28人しかおらず、残りの2人は?という話になります。
 これがいわゆる「隠れ3期目」の存在であり、選手会の改選時期になると現れます。

20160722_3.png

 2012年の後期に3期目になった2人が支部長になり免除となり…今期から宮城が三澤勝成(83期)、静岡が黒田直記(72期)に支部長が変わり…6月中に戻ったからということだと思われます。

 30人は、前2期の審査用点数が70点未満で、その期の点数と前期・前々期との平均がやはり70点未満の選手(その期の点数が70点以上なだけではセーフにならない)の中から決定されます。処理上は出走回数ゼロでリスト内で計算されているのでしょうか?
 まあ、前2期が69.99、69.99だったとしても、最後が58で計算されたらボーダーの下であり、アウトということになります。

(ちなみに審査用点数は、純粋な平均競走得点が基本だが、基準出走回数(ちょくちょく変わるこの期は22)に満たないと、足りない分は7着より悪い点数(この期は58点)で計算される。失格点はマイナスされない(だから故意失格がバンバン出る))。

 ちなみにこの2選手が支部長になったときは2012年後期の枠が2つ狭まっていたということになりますが、それでアウトになったのが、

20160722_2.png

 でした…。

 2年に1回こういうことがあるので、明るくない話の調査も大変です。

 2年後も3期目支部長が2名ほど辞めそうな気がするので(奈良高知?)、そのときもそれを考慮する必要があります。

 時間がなくまとまった文章になっていないかと思いますが、明るくない話を扱ってみました。

 それでは失礼いたします…。

うだうだ日記-宝塚記念は単勝と馬連の1点勝負で散ることにしました…(2016/06/25) [うだうだ]

 競馬は普段調教をじっくり見てどれを買うか決めるのですが、そんな余裕ないくらい仕事に追われています…今日はカンで買ってきました。

 宝塚記念は、

 ◎ステファノス ○アンビシャス

 で勝負です。ステファノスは良い脚を長く使うタイプ、阪神の2200は条件合っているのでは。また、ここを目標にしている数少ない存在にも感じます。+9で出た鳴尾記念からの叩き2戦目です。
 アンビシャスもここを目標にしていると思いますが、前走同様の意欲的な競馬だとラスト1ハロンで甘くなりそう。かといって控えると…乗り難しい点で◎には落ちると見ました。

 ドゥラメンテは海外帰りの人気馬ゆえとりあえず蹴るのですが、ケイコを見ても…いかに軽めといえど2冠馬の走りにはとても見えませんでした。休み明けの復帰戦の走りも勝ったものの迫力に欠け、良かった頃のデキにはないと判断します。
 キタサンブラックは前走3200を差し返しで制しました。反動もあったでしょうし、後続のマークも今度は…さらに逃げを決めるのは至難と思います。

 ステファノスの単勝と、アンビシャスとの馬連で勝負します。

20160625_1.jpg

 それでは失礼いたします…。

うだうだ-安田記念ダメ予想…(2016/06/04) [うだうだ]

 最近株の記事をアップしています。今月は何件か株主総会にも行けそうで、レポする予定です。

 一方競馬競輪競艇の方は…特に競艇は推しメンが長いお休みに入ったこともあり、ほとんど見ていなかったりします。競艇はもとから大したことないですが、競輪含めてどちらももう素人同然です。

 打っているのは競馬くらいで…安田記念ですが

 ◎サトノアラジン ○モーリス ▲クラレント
 △ダノンシャーク △リアルスティール

 12頭立ての安田記念というとニッポーテイオーの勝った年を思い出します…逃げ切りでした。頭数が少なくなり、これといった逃げ馬がいなくなるとどうしてもスローの上がり勝負をイメージしてしまいます。
 サトノアラジン本命。前走上がりだけで突き抜けた脚は秋からさらに力を付けたと思わせるもので、順調に使われての叩き3戦目なら連軸に最適と思います。

 モーリス、リアルスティールは海外帰りを考えると売れ過ぎ、ケイコの動きを見ても何とも言えない感じで、凡走に終わっても…。

 ケイコの気配は1枠2頭が年齢を感じさせない走り。内の利から頑張る場面をイメージし、7から1と2を絡めた3連複を買う予定です。

 それでは失礼いたします…。

うだうだ日記-日本ダービーダメ予想…(2016/05/28) [うだうだ]

 ◎ディーマジェスティ ○レッドエルディスト ▲サトノダイヤモンド
 △マカヒキ △マウントロブソン

 毎年書いているかもしれませんが、日本ダービーポイントは上昇度で、皐月賞からの1カ月と少しの間にどれだけ馬が変わったかで勝ち馬が決まると思っています。
 ディーマジェスティ本命。ディープインパクト産駒は総じてディープが強く出てしまい、手応えほど余力がない・成長度に欠けるのが多いが、この馬は母父ブライアンズタイムの良さが出ている印象で、追って味があります。皐月賞は展開向いたが2カ月ぶりの高速決着をアッサリ制し、直前のケイコは叩いての上積み明らか、まず勝つかなあという感じですが問題はスタートで、キッチリ出たのは共同通信杯の1回だけです。

 対抗にレッドエルディストを推します。青葉賞はかなり離れたところからグングン伸びて2着。勝ち馬と違い何が何でもという乗り方でなく届いており、能力的な魅力はこちら、余力もあると思います。

 サトノダイヤモンドは皐月賞3着。伸びかけたところでバランスを崩す不利があり、能力的には2着相当の感でした。叩いての上積みと、レース運びの上手さがあり、ディーマジェスティが出遅れるようだとこちらの逆転がありそうです。
 マカヒキは弥生賞、皐月賞と展開向いたように見えたが追っての伸びは手応えほどでありませんでした。順調に使っている分上積み「?」、距離延長もいいと思えず、押さえ程度の評価が無難に思います。
 マウントロブソンは皐月賞は後方に早めに来られ苦しかったが大きく負けておらず、ノーチャンスではなさそう。取捨難しいのがリオンディーズ。皐月賞で早めに進め過ぎて苦しくなった走りをダービーで修正できるイメージはありませんが…。

 1から9,13絡みの馬連、3連複と、1から13絡みの3連単を買いました。

うだうだ日記-お馬さん天皇賞春ダメ予想…(2016/04/29) [うだうだ]

 貧乏暇なし、超忙しいです…競輪は記念の勝ち上がり戦すら見ないことも多くなり、競艇に至ってはほとんどレースを見ていない状態。
 明日から静岡ダービーらしいですが、そんなどころではなく、働いているか家で寝ているかの日々が続きそうです。5月はバクチ、打つ気にもならないでしょう。

 ということで、今日のうちに天皇賞春を買いました。

◎ゴールドアクター ○ファントムライト ▲シュヴァルグラン
△サウンズオブアース

 ゴールドアクターは能力が抜きんでているというよりは、レースの上手さもあっての連勝と思いますが、ケイコの動きがいかにも充実している馬のそれで、凡走はまずないでしょう。
 ヘボ的に馬券の軸はファントムライト。大事に使われている7歳馬で上昇中、追ってから力強く伸びるまで間のあったケイコの動き、レースでの行き脚、かなり押して出ても折り合う気性から本質的には長距離向きの馬と思います。調子はかなり良さそうで、一気の距離延長こなすと見せ場以上、あるのでは。
 シュヴァルグランも勢いがあります。阪神大賞典の走りができれば馬券のイメージだが、アッサリ負けた日経新春杯の走り、馬体を見るとG1で勝ち負けする馬には…とも思います。ケイコの動きは上々。
 サウンズオブアースは安定株。デキも良さそうだが昨年ラスト1ハロンでパタッと止まっており、今年も同様の結果になる可能性は十分あります…。

 馬券はファントムライトの単勝と、ゴールドアクターからファントムライト絡みの馬連、3連複、3連単を買いました。

20160429_1.png

20160429_2.png

 人気どころではキタサンブラックの最終追い切り軽かったのが気になりました。調教後の馬体重は減って出てきた大阪杯と同じ524kgです。フェイムゲームも枯れてきたかという感じで、悪くはないがどうでしょうか。アドマイヤデウスも2回骨折して、体調に問題なけれど以前の勢いはないような気がします。トーホウジャッカルもアッサリ併走馬に伸び返されたケイコの動きを見ても復調途上に思います。

 勢いを感じるのはヤマニンボワラクテで、これが勝っても不思議には思わないケイコの動きでした。

 アルバート、タンタアレグリア、サトノノブレス、レーヴミストラルは状態に問題なさそうで、印をつけた馬と、このあたりを16,17のヒモに狙いました。


 カレンミロティックにガンガン逃げて欲しいです。
 以上、天皇賞春ダメ予想でした。


 これからしばらく更新できないと思います(需要もないでしょうが…)。
 それでは失礼いたします…。
前の10件 | - うだうだ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。