So-net無料ブログ作成
うだうだ ブログトップ
前の10件 | -

うだうだ日記-川崎ナイターに行って感じたことテキトー…(2017/10/10) [うだうだ]

 2日前ですが、川崎競輪場に行ってきました(F2 チャリ・ロト杯・デイリー杯最終日)。

20171010_1.jpg

 旧友の誘いで行ったもので写真はこの1枚しか撮ってないのですが、久しぶりにじっくり現場して感じたのは、「厳しいなあ…」の一言でした。
 写真の通り正門は工事中、通りを進み中央門を入ると、右手は写真の手前に見える綺麗な新スタンド、左手は写真奥のホームのオンボロスタンドになります。このオンボロスタンドの1階を拠点にしました。現場のレースは正面で見たく、寛仁親王牌の場外も見たいしで。

 ただ、1Fの売場が狭い。川崎のホームスタンドは大きいですが、スタンドの左半分は1Fも2Fも閉鎖してあり、1Fのスタンドの内部にも柵がされていて、客が利用できる一般のスペースは右側(1角側)の1F、2Fだけでした。ここと、特観と、新スタンドだけでやって、全然間に合うと。
 売場が狭くとも人が多くないので不便を感じたり、不快な思いもしないのですが、その状態では売上が伸びないのも…です。何となく知ってはいましたが、川崎でもこんな状況というか、川崎がこんな状況ですか…ハァー。大レースの売上は全売り場の数字の合計、川崎がこれでは伸びるはずもなく…。

 久しぶりに、実感しましたね。
 明るくないです…。

 本場開催の方は、翌日が祝日ということもあり、普段のナイター開催にありがちな終わりになるほど寂しくなる…ということもなく、ガールズ決勝の段階ではホーム側、それなりにお客さんもいて、ベテランより若い方が目立ちました。ただそれなりといっても3ケタの数字、それも上のケタの数字が小さいものでした。

 現場にいらっしゃるお客さんを少しでも増やさないと…ですね。
 (現場に来ればケンできず、ほとんどのレースを買ってくれますから)

 ・開催を増やす(そもそも日程が合わなければ行けない)
 ・食べ物(普段から打つ人も買わなくなっているような)
 ・告知、しかるべき選手の宣伝(今回の開催とか、有望選手少なくなかった訳で)

 一度減らしたお客様を増やすのは大変なことですが、やることはやらないと…と思います。

 これまで書いていることとあまり変わりませんが、改めて感じたというか、状況が変わってないことを感じた川崎現場でした。

 ちなみに、本場で見ていて一番印象に残ったのはこのレースでした。

20171010_2.jpg

 2番車で周回最後方から単騎カマすもまくられてビリをとったミヤケレイナ、流す気なく出切ったのを見て「アホか」とは、一瞬しか思いませんでした。理由があるはず…

20171010_3.png

 6着で47点割れてました。好き好んで出走する開催ではない単騎登録選手4名の終結した開催でクロコーチは追加で出走、帰りたかったが…でこのような何かがあったのではと考えてしまうのです…。ミヤケレイナ、今回だけでなくこのようなことをされている気がします(ラストラン成立のためとか…)。中のことは分かりませんが、いろいろあるのではと感じたレースでした。
 (決勝は単騎登録選手のやりたい放題でしたが、正直戦いようがないくらい日本の選手と差があるので書きようがないです。)

 とりとめなく終わりです。
 川崎で30kほど寄付してきた話でした…。

20171010_4.jpg

 10Rが失敗でしたね…それでは失礼いたします。
nice!(0)  コメント(2) 

うだうだ日記-ギャンブル依存症対策に感じること…(2017/09/02) [うだうだ]

 休みはほとんどないが、時間あればギャンブルしている人です。今日も夜勤から丸1日の労働で、福岡競艇をピッポッパしながら書いています。
(基本的に打つのは競艇、競馬、パチスロです。チャリは見るだけ)

 先日、ギャンブル依存症対策に関する記事を目にしました。この手の対策は、実際効果のないものをあるように出しているとしたもので、全然気にしてないのですが、「ネット購入制限」という文字を目にしては…いくつかの記事をじっくり読んでみました。
 やはり…でした。まあ、金額で制限するにも収入・資産によってその人の使える額は変わってくるし、どうするんだろうという感じでしたが、自己申告制なら意味はないと。
(家族申告によるアクセス制限の仕組みも構築する方針らしいですが、「方針」ならどこかのタイミングで消えるのでしょう…)

 しかし、従来の出玉を2/3にする制限には参りますね。勝ち続けて店に行ってしまう依存症は当たり前で…いや例えば起業にしたって一種のギャンブルな訳で、利益を出し続けて閉じるなんてことは基本的にはないですし、勝っていれば問題は起こりません。また、余裕資金があるうちは、何か言われる道理はありません。
 負け続けて…「いや粘れば当たる」「今月さえ乗り切れば来月から利益が…」でショートしてしまう、この心理に至ってしまうのが本質な訳です。

 まあ、大人はここを真面目に考えて策を出してはいけないのですが、パチスロで案を出せばこんなところですよね。

・出玉制限より、交換率の大幅な引き下げ
⇒多少負けてもある程度出して負けるのと、ストレートで飲まれるのとでは気持ちも大分違う。当然それに合わせ台の出玉率を上げる必要あり。

・大当たり確率、小役確率、その高確率状態が大当たりにつながる確率の掲示
⇒最低限の情報開示。台の操作で画面に映すものでもOK
高確率状態とか、期待度が判然としないから余計イライラする訳で…。

・高確率状態の明確な表示、高確率状態の最低限の期待値の設定
⇒いわゆるガセ高確の禁止です。また高確率状態にも数%程度しか期待できないものもあり、全然高確率ではありません。

・高確率ゾーンの可能性のある演出は、一発判定
⇒エラそうな演出が続いて連続演出が成功、高確率ゾーンというのはダメで、高確率ゾーンに当たったらそのゲームでということです。

 要は、著しく可能性の低い「~かも」な状況をなくすことです。打ち手の期待と実際の期待度の乖離が大きいほど「こんなはずでは…」で依存症になるのですから。ようやっと当たっても100枚とか、最たるものです。
 まあ、真面目な話、当たらないのに熱く見せかけるような演出、状態はやめて欲しいですね…。

 最後に1枚…

20170902_1.jpg

 ハサミ打ってこの形はリプレイ確定と思ってました。右はビタだったのでしょうがビックリしました…。

 バーサスぐらいの出玉だったら店も6を入れやすいです。普通の人なら6でも107%程度しか出せないでしょうし、これだと終日打ち切っても日当3万円、5.6枚でも3人打ったらせいぜい2万円程度で済みますから
 (実際、非等価の店は今でも6がチラホラ。等価、例えば千葉はダメです…)

 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(3) 

うだうだ日記-グダグダとボヤキつつ明るくない状況を…(2017/08/06) [うだうだ]

 日曜というのに競輪はデーレース2場開催、G3はナイターで実施しているのにこれでは足の運びようがないし、そもそも見るレースが…です。一方ボートレースは薄暮の芦屋レディースチャンピオンの他モーニング1場、デーレース9場、薄暮1場にナイター4場の同時開催。どっちに注目が行くって、そりゃ舟ですよ。

 実は昨日が夜勤明けでフルに空いていて、川崎に行こうかとも思っていたのですが、芦屋の確認と、帰りを考えると…で行きませんでした。
 現場観戦としてのナイター開催、終わってますね。選手集めても木金の夜でやっとこさ2千人…実はかなり前から川崎のナイターでもメインになると実数、かなり少なくなっていて、簡単には戻らないですよね。土曜は家族向けのイベントも立てて3千人台でしたが、さみしい数字です。
 それでも売り上げがあれば良いのでしょうが、残念な数字が並んでいます。4月のナイターG3で41.2億しかなかった売上のところ、何を思ったか45億なんて目標を掲げましたが、3日目までで24億ちょうどでは…。今日なんか、競輪全体の売上で芦屋に負けたりして…レディースチャンピオンは確かに大レースかもしれませんが、既に女子にとっても「唯一の」ではなくなっています。

 あと昨日twitterでもつぶやきましたが、ブロックセブンは名前もレースとしての意義もまったくもって意味が分かりませんね。ブロックを地区と解釈させるのもそうですが、そもそも地区代表の意識をもって走らないでしょうに。
 こういう、明らかにおかしなことがそのままできてしまうのもアレですし、それに対して何の意見も出ないところが気持ち悪い訳です。昔と違って、どの競技でもその傾向はありますがマスコミが否定的な物言いというか、ぶっちゃけることがなくなっていて、これまた、「何のためにいてるのか」と思ってしまう訳です。
 まあ、上が押さえつけてしまっていると。競輪はこれが多過ぎてどうしようもない。だから何か問題が起こっても変わらない。問題が起こってもそれを問題と捕らえないように持っていくのですから。

 ホント、情けないよ!

 真面目な話、否定があっていろいろと生まれてくるものがあると思うのですが…。


 で、朝はチャリがなくて暇なので、明るくない資料を整理しました(2017年8月5日終了時点)。17年後期、まだ開始2ヶ月目で順位はまだまだ変動しますが、何開催か見ればその選手のモチベーションが分かる訳で。今期で…の選手も少なくないです。

 男子、今期の3期目は117名です。出走のない選手は前2期の平均で出しています。

20170806_5.png

20170806_4.png

 前期の今頃は必死の状態だった97アベアキラ、今期は優勝もしています。2班の点数はともかく、リセット有望です。91ヨシダユーゾーも今期は順調、先行型の新人がデビューして予選を通過できているのが大きい。点数上がると番組も良くなります。

20170806_3.png

 70ヒサトミヒサタカは前期の65.86をカバーすべく今期は点数稼ぎたいです。コンスタントに予選を突破しておりこのままと行きたいでしょう。上でも書きましたがこの点数があると番組が悪くなることないので。55オオサキリューイチローが確かな力を付けており、今期さえ凌げば…です。怪我さえしなければ。52カワサキマサヒロが前節内圏線踏み切り発動、苦しくなっています。

20170806_2.png

 ボーダー近辺。このあたりの選手は番組、展開次第です。近況見ていて苦しいと感じるのは38タカハシヨシキです。40フクダナオキもデキ落ちと新人デビューで苦しい戦い。

20170806_1.png

 この中だと24,23,22,18,17,13,12,10あたりが何とかという感じでしょうか。25は点数ありますが家事欠多くなっており…。
 ただ、24は落車負傷で苦しくなっています。他は諦めている感じもあるでしょうか。21は今期故意落車も1回ありますが、内圏切らずゴールの競走も出てきており。


 それでは女子に…チョット引っ掛かった書き方ですが、表向きの情報によるものです。

20170806_6.png

 ハマダヒトミが8月も全欠…いわゆる長いお休みかもしれません。届が出れば今期からしばらく免除になり、戻ったときにまた2期目ですね。免除の規定はノーカンなので、リセットにはならないはずです。
 となると、来期の3期目はおそらく点数ノルマのみですね。ノルマ自体が低いといえ、同じクラスで走るがゆえに大きく稼ぐこともできませんから、ミヤヤスリサはリセットかけれないにしても稼いでおかないとアウトになってしまいます。

 3期目ではトーミネカナ、サカモトサキが苦しんでいます。サカモトはレースを見る限りは空回り気味、ここにきて斡旋を少し休んでいて、これが立て直しによるものなのか精神的なものなのか…。トーミネは外を仕掛ける走りも結果には…前節は777の大叩き、周回で位置を取れず、後方ままか、出切っても1車で…既に9走しており次節上げられないようだと…。
 スズキアヤカは周回で位置を取れるのと格上の踏み出しに対応できるのとで…点数ノルマクリアは簡単でないが他が低迷している状況で順位でという感じです。気持ちの強い方ですね。以前の状況を考えたら確かにイケイケですが、大したものです。

 長いお休みの届の出ている方(競輪広報にて確認したもの)をあげています。全員リセット状態で、須藤だけが今期から計算対象ですね。


 時間があったのでグダグダと書いてみました。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-大垣競輪場でいろいろ撮ったものを載せます…(2017/06/30 撮影) [うだうだ]

※岐阜の競輪場はいずれも撮影OKのようです

 6/30に大垣競輪場に行き、テキトーに撮ってきました…。

20170701_02.jpg

 私はオケラ街道大好きなので、かなりの距離があっても本場まで歩きます。大垣競輪場は大垣駅から2kmありますが、広い道を進んで2回曲がれば着くので、迷うことはないです。

20170630_01.jpg

 正面入場門は2角の裏にあり、賑わっていた頃を思い出させます。コーンバー等で閉鎖してしまう場、少なくないですが大垣はいろいろと自由に通れたのでガンガン撮ってやりました。このままメインスタンドに向かっていきます。

20170701_03.jpg
この裏あたりに正面入場門があると


20170701_04.jpg

20170701_05.jpg

20170701_06.jpg

20170701_21.jpg

 コーナースタンドの裏は予想屋と売場、上る階段もあります。

20170701_07.jpg

20170701_08.jpg

 広場。往時の入場者、多かったのでしょうね。

20170701_09.jpg

 メインスタンド2Fの一般席。死角はないし、角度も申し分ない。金網だけです…。

20170701_12.jpg

20170701_11.jpg

20170701_10.jpg

 スタンドは2角~ホーム~2Cまで開放されていて、いろいろなところから見ることができます。もっとも、売場はメインスタンドに集中しており、なかなかそこから遠くに…とはならないでしょうが。

 この日はあいにくの雨でしたが、1角~バックスタンドまで回ってみることにしました。
(コーナーのスタンド、段差がまちまちで少し怖かったです。撮影に夢中になるとコケる可能性もあるなあと思いながら撮ってました…)

20170701_13.jpg

 バックスタンドには木で通せんぼが作ってあり、入れませんでした。
 ここを右手に入ると…。

20170701_14.jpg

20170701_15.jpg

 今は閉まっていますが、最終レース前に前方の門を開放し、歩道橋向こうの大駐車場に直接行けるようにしています。今は人気がないがモニタが付いているのがそういう理由でしょう。
 このまま右手に行って、コーナースタンドの2Fを探索します。

20170701_16.jpg

20170701_17.jpg

20170701_18.jpg

 花月園競輪場もこんな構造だったと記憶していますが、大垣は何もかも大きい・広いです。

20170701_22.jpg

20170701_23.jpg

20170701_24.jpg

20170701_25.jpg

 1角の裏側は警備関係の拠点だったようです。コア〇、ダイヤモンド〇備…昔は警備に充てる人も多かったのでしょうね。
 (結構バリバリ撮っていまして、いくら撮影OKといえ何か言われるかなあとも思っていたのですが、何もなかった…)

 メインスタンドに戻ります。一般の売場は1Fと2Fに集中ですが、特徴的なのは全面ガラス張りで売り場のオバちゃんが丸見えなのと、ほとんど全部の窓口が手売りということです。

20170701_26.jpg

 最後に3角の裏を少しだけ…先に進むと北門があるようです。

20170701_27.jpg

20170701_28.jpg

 ここも広場ですね…。
 あと2Cスタンドの電光掲示板もOFFでした…。


 大垣競輪場、広々としていて見やすく、近くにあれば本場開催にバンバン足を運びたくなる…そんな印象を持ちました。
 ただ、これからミッドナイト競輪が始まってほとんどの本場開催で客は入れなくなっちゃうんですよね…うーん。

 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-勝負駆け&ラストラン in 大垣競輪場(2017/06/30) [うだうだ]

6/7の記事6/18の記事とまとめて読むと分かりやすいかと…
※7/1 22:35 2枚だけ画像付け足しました。男子はほとんど撮ってなく、大したものはないのですが…

20170630_01.jpg

 大垣競輪場に行ってきました(F2開催最終日)。

 目的はもちろんこのレース…

20170630_39.jpg

 鈴木彩夏は今節5着5着、最終日のここで1着を取ると47.03でリセットとなります。これを逃すと7月からはいわゆる3期目、デビュー期の44.78が重くのしかかってきます。

 ただ相手関係は楽でなく…マイペースなら強い宮地寧々がいるのでアタマとなると後位が欲しいが、補充でS取り巧者小坂知子が入っており位置を取れるとは…。
 また、この競走は越田恵美子のラストランでもあり、他が越田に…の結果展開が悪くなる可能性もありました。

20170630_11.jpg

20170630_12.jpg

20170630_13.jpg

20170630_14.jpg

20170630_15.jpg

20170630_16.jpg

 スタート頑張って出るも小坂の勢いに…2番手でとしたかったが明珍裕子に主張され、

20170630_17.jpg

 しばし抵抗もこの並びに

20170630_18.jpg

20170630_19.jpg

20170630_20.jpg

 宮地の上昇に小坂が合わせて踏む様子も…

20170630_21.jpg

 越田を入れて3番手では鈴木は圏外

20170630_22.jpg

20170630_23.jpg

20170630_24.jpg

 あとは4角番手の越田がどこまで

20170630_25.jpg

 残念、でも3着で車券に貢献しました。

20170630_26.jpg

 鈴木は見せ場なく5着。46.78で今期終了、来期は自力でクリアするには49.44が必要となりました。順位でのクリアでも、最低49点は必要でしょうから、大変です。
 来期は最初から点数の計算をよく考えて走らないと。最低限、出走数は増やさない(地元地区中心に斡旋を選ぶ)ようにしないといけないでしょうね。
(最終日一般に強メンいたら帰る、途中欠しにくいミッドナイトは出ない、いざとなったら内圏線踏み切り…よろしくない手ですが、制度がよろしくないのだから。いや真面目な話、1回一般戦の7着を取らずに内圏線踏み切りアウトしていると、今期も瞬間最高で47点のときがあったので…うーん)

20170630_40.png

来期の3期目、22とかハタチの子ばかりで生き残りを図ると…

おまけ
・横断幕

20170630_02.jpg

20170630_03.jpg

20170630_04.jpg

20170630_05.jpg

20170630_06.jpg

デビュー当初から良く出ていた越田恵美子選手の横断幕もお疲れ様でした…

・男子のラストラン

ラストランだと外に出て見学する光景が見られます。

20170630_07.jpg

1R周回中

20170630_08.jpg

1Rゴール後

20170630_09.jpg

2Rゴール後

20170630_10.jpg

2R2着小林祥晃選手に花束

男子の明るくない決着(代謝のメンバーが決まる)は前日になされたようですが、その前日に決まってしまった櫓智則が1Rで中を突き2着、大きな拍手が選手サイドから飛んでいました。

7/1 20:00追記-他に1Rで浦部潤、白水洵、2Rで鈴木隆広がラストランでした。
7/1 22:35 2枚付け足します

20170630_41.jpg

1Rゴール。4角で櫓選手が中を狙った瞬間ドキッとしました。正直、もうやらないと思ってたので…

20170630_42.jpg

2R入場の小林選手。もっと大きく撮っていれば良かった…


・5Rゴール後

越田恵美子選手には数少ない客からの拍手(発走地点の画像だとかなりの客がいたように見えますが、少しでもフレームを外れると人いないんで…)が飛んでいましたが、反応は薄かったです。リアルタイムでは「あれっ、何もアクション示さないの?」っと思いましたが、

20170630_27.jpg

20170630_28.jpg

20170630_29.jpg

20170630_30.jpg

20170630_31.jpg

話しているようには感じませんでしたが随分と並んでましたね。
3期目の先輩からのアドバイスでしょうか?

敢闘門に戻る前に他の選手がスピードを落とし、越田選手を前に出したのが印象的。

20170630_32.jpg

20170630_33.jpg

20170630_34.jpg

20170630_35.jpg

これは一言良いなと感じました。

20170630_36.jpg

20170630_37.jpg

越田選手、お疲れ様でした。


・大垣競輪場
横断幕の掲げられているバックスタンド、3角は入れませんが、それ以外では見ることができ、ホーム2階は一般席で見やすいです。現場で見るには良い競輪場と思いますが、実は今後ここでミッドナイト競輪を実施するんですよね…残念。

大垣競輪場内、テキトーに取ってきましたので別記事にして載せようかなあと思っています。

・車券の成績

20170630_38.jpg

6月はスズキアヤカを徹底的に追ってみました。5月の様子を見て、正直最後に47点に届くと見て現場に行き続けたのですが、甘くなかったですね。これからは行けるときに松戸に行く程度になりますが、心折れることなく頑張ってほしいです。
(これは他の3期目の子たちにも…)

以上、速報性重視でテキトーに書きました。
それでは失礼いたします。
nice!(1)  コメント(0) 

うだうだ日記-勝負駆け in 松戸競輪場(2017/06/18) [うだうだ]

 明るくない話 in 京王閣競輪場…を読むと事情がより分かりやすいかと…

 松戸競輪「さわやかチャレンジカップ(F1、2017/06/16~18)」の2日目と3日目にプチプチ参戦しました。

20170618_04.jpg

 先日の京王閣に続き、鈴木彩夏選手のレースを見に…。
 鈴木彩夏選手、4/22の時点では11走で44.09しかなかった点数を…

20170618_19.png

20170618_20.png
 4/30終了時点

20170618_21.png
 5/15終了時点

20170618_22.png
 5/31終了時点

20170618_23.png
 6/15終了時点

 27走の46.40、着実に押し上げてきました。
 そして今節も初日加瀬加奈子の先行番手を付け切って3着、2日目山原さくらの先行3番手から

20170618_15.jpg

20170618_16.jpg

20170618_17.jpg

20170618_18.jpg

 4着とまとめ、3節連続の優出を果たしたと。

20170618_24.png

 この時点で競走得点は29走1355点の46.72となり、決勝で3着以上を取れば47.03以上になりリセット、デビュー期の44.78を消せます。

 勝負駆けでした。

6/18 松戸9R ガールズ決勝
1高木真備 2高橋梨香 3山原さくら 4鈴木彩夏
5加瀬加奈子 6田仲敦子 7蓑田真璃

20170618_26.jpg

20170618_27.jpg

20170618_28.jpg

20170618_29.jpg

 周回は5番手。前々のインが有利な松戸、赤板で動いて3番手に入りましたが、そこからのペースアップに対応できませんでした。

20170618_30.jpg

20170618_31.jpg

20170618_32.jpg

 7着。
 それでも若干点数を上げ、

20170618_25.png
 30走の46.76

20170618_33.jpg
 脚見せからかなりの声援が飛んでおり、G後も…知り合いの方も多かったと思いますが、状況を把握している方も少なからずいるのでは。

 28日からの大垣で決まります。現在の借金は「7」、初日2着以上で成功、2日間なら着順合計7でOKです。

 良いことありますように。


おまけ
・横断幕

20170618_07.jpg

20170618_08.jpg

20170618_09.jpg

20170618_10.jpg
 2日目の6RG後

・車券
松戸は近いので3日間とも紙で…他にS級決勝も買いましたが(同じ誕生日の丸様絡み)お話にならなかった…。

20170618_01.jpg
 3連単 7-1-3 700円
 ワイド 1-3 340円

20170618_02.jpg

20170618_03.jpg

 松戸は撮影OK、web掲載noではないようですが否定的なことを書くとまずそうなのでこんなところで…それでは失礼いたします。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-明るくない話 in 京王閣競輪場…(2017/06/07) [うだうだ]

※もうちょっと時間があると少しはマシな文章にできて、言いたいことも上手く書けるのですが…

 京王閣競輪場に行ってきました…。

20170607_05.jpg

 ガールズケイリンでは2014年後期から代謝の審査が始まり、2015年後期から適用者が出ています。規則は男子とほぼ一緒…基準の点数が47点であること、産休制度による免除のあることが違うくらいですが、実際の状況はかなり違ってきています。

 そもそも代謝制度は、成績不良の選手を…見込みのない選手を…の制度で、簡単にいえば「もう競輪界にいてもらう価値がない」選手を…です。それが上手く適用されるように文面化しています。

 ただどうも、それが上手く行ってないです。男子と違って全員が同じクラスで走るため、キャリアの浅く、若い、他競技出身の選手が苦戦しています。1年かけて選手になったのが1年半で…「もう競輪界にいてもらう価値がない」と判断する前の段階です。

 全員が同じクラスで走ること、5着平均で選手を続けられるということがあるからか、今のガールズケイリンは「車券に絡む・絡もうとする存在」「着を拾おうとする存在」に分かれます。
 車券に絡む存在は、自力なら自分のタイミングで仕掛けるだけです。追込型なら、強い選手の後位についてチャンスを伺うと。問題は着を拾おうとする存在で、取れる位置…その3番手とか、4番手5番手から流れ込むのです。ひたすら戦わないのです。

 ひたすら戦わないのは流れの中でもそうで、たまたま周回で強い選手の後ろにいたとしても、一人自分より強いのが追い上げてきたら何となく入れてしまいます。そこで頑張って負けて7着叩くよりまとめた方がいいと経験則で分かっていると。戦って散ったのを拾えばいい。
 (例えば予選は1人拾えた、2人拾えた、最終日一般は力量互角で戦う選手が多い分3人拾えたとなると654で47点…)

 苦戦する選手は、位置は取らせてもらえない、自力で戦ったら散るだけ…予選で大叩き。負け戦で頭取っても、771なら47点、負け戦でも自力で散れば…45点台コースに。
 まとめに行っても車券になかなか絡めませんから…割り切っている選手は大丈夫ですが、キャリアの浅い選手はこのあたりにも思うところがあるでしょうし、また自転車経験のない選手は総じて混戦不得手です。結果レースが中途半端になって、強くなれない、点数も上がらない状態になっている印象を持ちます。

 代謝で仕方ない選手を…に本当になっているのかという思いを持つだけでなく、選手の成長も阻害している制度になっているのではと感じるのです。


 また、ガールズケイリンは公傷のないことと、出走回数不足によるみなし点の低いことから、各選手神経質になっており、そもそも最初の47点割れを取らない意識が強いです。というのも、47点割れを取った次の期に長欠から出走回数不足になると、3期目で挽回できないだけの点数ノルマとなってしまう可能性があるからです。
 (例えば今期白井美早子が苦労して47点超えのリセットを達成しましたが、もし2期前に47点割れしていると今期ノルマは51点台半ばで実質終了でした…)

 このような制度の中、大苦戦していながら盛り返しつつあるのが鈴木彩夏です。昨年7月デビューの1期目は44.78、後半に手術をして3月から復帰、ようやく力が入るようになり車券絡みも増えてきていますが、今期点数は45.95、このままではいわゆる「3期ストレート」で年末で…。2年かけて(108期入学)選手になって1年半で…は切なすぎます。
(代謝は「前2期が47点割れ」「前2期と当期の平均も47点割れ(最後の期が47点超えだけではダメですよということ)」の選手の中から下から3名を…の制度です。鈴木選手がこれを点数で逃れるためには来期50点オーバーが必要ですがこれは全選手中真ん中の数字、いくら伸びている段階といえ取れるものではないです。上でも書きましたがガールズは全選手が同じカテゴリで走るので、挽回が簡単でない…。)

 つまり、競輪界にいる価値のある確かな力を付けた段階で「ハイ残念でした~」となりそうなのです。こんなバカな制度、誰が作ったのか…ですが、4年半前にも男子で初優勝しながら1年半でサヨナラっとなった選手がいたように、そんなん考慮する気は全くないようで…まあ競輪界に何を言ってもしょうがないのですが。
(実際、何も変わる気配はないようですよ…。4年半前の話は、ここを読んでいただければ…)


 鈴木彩夏選手、最近は力が付いただけでなく、何となしの「覚悟」を決めたと感じる走りを見せています。これはお父さん(鈴木康雄(東京、53期))が同じような状況で走っていることもあるでしょうが、それを見ていても「何とかなって欲しい」という思うばかりです。

 ということで、京王閣に来たのです。

 来期の3期目は4人、順位の争いになっても点数ノルマクリアに近い得点を取らないといけないことを考えると、今期残りの斡旋でできるだけ点数を上げたいです。

 できれば、335くらいの成績を取って(156点)、松戸でリセット勝負(その場合予選3着3着でクリア)。京王閣と松戸(ホームバンク)なら、番組が来るので。

 7Rに出走、こんな感じに買いました。

20170607_24.jpg

20170607_13.jpg

20170607_14.jpg

20170607_15.jpg

20170607_16.jpg

 スタート頑張って出切ると自力ある鈴木奈央が前に入り、一列棒状のまま誘導退避。強風で動ける存在なくそのまま先行すると1Cで中切れが起こり前3人の勝負に。

20170607_17.jpg

20170607_18.jpg

20170607_19.jpg

20170607_20.jpg

20170607_21.jpg

20170607_22.jpg

 力尽きましたが、復帰当初を考えたら格段の進境です。頑張ってます。

 6-3-5 1,840円


 3連単とワイドがめでたく的中となったのでした(ワイドの5-6は650円)。

20170607_01.jpg

20170607_02.jpg

20170607_03.jpg

20170607_04.jpg

 石井寛子選手は先日の宇都宮でも黒河内由美(2期目で点数ギリギリ)にこのような感じで声をかけており、苦しんでいる若手を何とかという気持ちに思います。
 (といいますか、上位である程度年齢の上の方は皆さん…です)

 私もこの手の集計をしていて、レースも確認するのですが、いろいろを思うこともありますし、このような状態の選手もいるというのをなるべく多くの方に知っていただきたいと思い、グダグダと書かせていただいております。
 (4年半前も書こうかと思ったけど、はっきりとは書けなくて…今思うと書いていた方が…です)

 状況については、個人の調査ですが競輪明るくない話に記しています。


おまけ

・横断幕

20170607_07.jpg

20170607_08.jpg

20170607_09.jpg

20170607_10.jpg

20170607_06.jpg

 京王閣は遅れての届出でもやってくれるみたいで、日野友葵選手の横断幕は開催始まってからスタッフの方が飾りました。
 撮影許可の手続きの際の対応も良いですし、京王閣は良いですよ。

20170607_11.jpg

・今日の成績

20170607_25.jpg

 4R 1-4-3 2,940円

 7打数2安打。8k入れて18k近く戻っており、快勝でしょうか。勝ち負けより7Rを現場で見て良かったです。4角は声が出て撮り忘れそうになりました。
(だからゴール時の1枚がずれてる…)


・出走回数不足が…

20170607_26.jpg

20170607_12.jpg

 菅田賀子は6R6番車で出走し終始後方の7着。落車の続いている影響ありありですが、出走回数不足よりは7着を並べた方が競走得点で3点ほど違い、仕方なく走っていると思われます。


 ホント、来期は110期皆さん、点数でクリアしてほしいです。順位の争いになった場合は若い同期でつぶし合うわけですから。ただ、現時点で自分を見失っているかもと感じる存在もいて…うーんです。
 (デビュー期に47点超えている時期がありながら走ったがために割って来期3期目…という選手がそんな様子…)

 しかしガラガラだったなあ。
 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0) 

競輪-明るくない話…2017年前期3.15終了時の状況(2017/03/15) [うだうだ]

転載等厳禁!個人の調査につきミスがある可能性も十分です

 明るくない何とかです。2017年前期も中盤戦真っただ中、今日3/15はちょうどチャレ・ガ開催の最終日しかなく、一覧を載せるに良い日ということで…

 まずはチャレ3期目…3期目の定義は、前2期とも平均競走得点が70点未満であることです。平均競走得点は小数第3位を切り捨てて、小数第2位までの点数をその期の点数とします。
 前2期の点数と3期目の点数を足して3で割った点数(これまた小数第3位を切り捨てます)を下から並べて、30番目までの選手が残念ながら…となります。
 (下から30番が同点の場合は、全員アウトです。また、3期目に70点以上取ってもそれだけではセーフになりませんが、下から30人に引っ掛からなければ来期の3期目の定義にかからないため(前2期とも平均競走得点が70点未満にならない)、リセットとなります)

 ちなみに今期は3期目、109人いてますが…

20170315_1.png

 このあたりは安全圏というか、リセットないし昇班を狙える位置です。最低出走回数の22(チャレの場合、ガールズは23)を満たしている選手もいますね。

20170315_2.png

 追込型はコンスタントに予選突破し最終日選抜を走ることが必要、自力は初日どうしても強力若手をぶつけられるのがきついですが、2日目で1着して最終日時折一発、それができればこの位置。
 例えば466で69点、612で71点です。

20170315_3.png

20170315_4.png

 ボーダーは67点台前半、このあたりの選手は点数にシビアに走るので、予選負けたら帰ったり、故意失格したり…何でもありです。
 (失格しても代謝の評価の点数には影響しない)

 期が終わって22走に満たない選手は、足りない分を2日目一般7着より1点低い59点で計算して点数を算出します。現時点で出走回数のない選手はとりあえず59を入れて計算しました。

 では、ガールズの方に…

20170315_5.png

 上が3期目、下が2期目ですがガールズの代謝制度は…機能してないですね。引っ掛かる選手はもちろん、掛からない選手もほとんど車券に絡まない存在多く…車券に絡む意図をもっていないと感じる選手が多過ぎます。絡んでも、内々走っていたら前が全部突っ張ってくれて流れ込みとか、そんなんばかり。
 あと、点数以前に出走するのも…という選手が少なくないです。タカハシチアキは静かに登録を抹消していました…。
 いつも思うのが、5~7着の点数と賞金を一律にして、4着でもほとんど変わらなくし、車券に絡まないと稼げない制度に…あとある程度レベルを接近させて…ですが、制度面をどうこうする感じは全く見られません。

 個人的には今のガールズ、まったくもって面白くないです…これこないだ見たぞってレースばかり。

 ここに載っている名前で評価できるのは、小林優香は別にして山口優衣です。この子は実力に比して動き過ぎると感じるくらいですが、何とかしようというのが伝わってきて好感が持てます。ただ、今のガールズはこのような選手の失敗に乗じてというのばかりで…うーん。

 3/15時点の明るくない状況を書きました。これ以降の更新はtwitterにて、モザ入れてやる予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-お馬さんフェブラリーS、間違えて当たらないかなあ…(2017/02/19) [うだうだ]

 フェブラリーSのダメ予想を…今年初めての中央競馬運試しです。

◎アスカノロマン 〇モーニン

20170218_1.png

20170218_3.png

20170218_2.png

 基本的に調教で判断する人です。ケイコ良いのはコパノリッキーとモーニンと思いました。馬の力量と直線の長さで後ろから行く存在が人気していますが、前がかなり頑張って届かないような気がします。道中ちょうどいい位置にいそうな2頭の1点勝負です。アスカノロマン、昨年は仕掛け次第でもっと際どかったでしょうし、力のいる左回り1600~1800が一番合っている馬です。
 ゴールドドリームは単勝が2ケタ(それも上のくらいが2になって)で初めて狙うかを検討する馬と思いますし、カフジテイクも1400なら切れるがマイルの武蔵野Sは150で止まり、1800のチャンピオンズSもためにためて最後は…ここからというところで伸びを欠くイメージ。サウンドトゥルーは仕上げが本気に感じませんした。これはG1馬ゆえ出させられているレースと判断。

 オッズがそこまでないので蹴りましたが、今回のコパノリッキーは良いと思いますよ。こちらはサウンドと違い条件ベスト、他は捨て仕上げでここに向けてきていますから。

 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0) 

うだうだ日記-競輪明るくない決着2016期年後期版…(2017/01/02) [うだうだ]

※個人の調査につき…ですが、私よりできる方と精査を重ねて出した結論でおそらくは…
(twitterでは数字が微妙に違っており訂正して作成しています。大変申し訳ありませんでした)
※転載厳禁!悪用はしないでください。
※プロは与えられた条件の中でいかに最善を尽くすかと思います。それが12/28松阪F2チャレンジ開催に出ています。


あまり文字にして書きたくはないです。このような状況での各選手の渾身の走りを、立場を分かった上で確認していただけると幸いです。

(毎期最低30名が成績で代謝となります(3期の得点平均小数点以下2桁まで。以下切り捨てで30位の同点は皆アウト))

20170102_1.png

最終開催まで12/28レース前の状況。
松阪4Rで勝負駆けの選手が全員ぶち込まれ…。

2016/12/28松阪4R

勝ち上がるしかない選手が残り、残る2人は負け戦に。

2016/12/28川崎2R

川崎で逆転を狙った大ベテランは好番組に入るも新人のスピードに対応できず…力尽きました。

20170102_2.png

2日目。やはり2Rで対象選手が同乗し、

2016/12/29松阪2R

石川87期の6番手まくり一発。香川73期は後輩が先行も3着まで。代謝確定87期の同期アシストが…3番手先まくりを打たず、かつ直線で香川73期を捕えて着を落としました。

そして注目の準決勝。決勝に残らないと厳しい感じでしたが…。

2016/12/29松阪4R

同県後輩がうまくリードし直線で抜け出してのワンツー2着。

20170102_3.png

勝負は最終日まで持ち込まれました。
チャレンジ最終日のレースは3種、競走得点の配分は以下の通りで、各選手の着順と3期平均はこのようになるところでした。

20170102_4.png

20170102_6.png

いつもですが最終開催になると各選手点数を大幅に上げてきます。安全圏にいると思われた大阪85期の立場も危うくなっていたのです。

2016/12/30松阪2R

香川73期は3着…先行3番手も前を抜けず、後方にまくられて。2着は大阪85期の同県同期、近況不振も懸命の踏み込みで…これがなければ…だったかもしれません。

20170102_5.png

石川87期は3着以上で確定、4着で結果待ち、5着以下は実質ダメという条件での出走でした。

2016/12/30松阪3R

3着。後方もラストのまくり追い込みにかけギリギリ届きました。

20170102_7.png

そして最後の決勝は…4着以上で確定、5着はアウト。

2016/12/30松阪5R

4着。決勝レベルでは脚的に苦しかったですが、後輩2人の献身的な走りで…。

20170102_8.png

20170102_9.png

それでは失礼いたします…。
前の10件 | - うだうだ ブログトップ